teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


空路でのカンボジア

 投稿者:Wataru  投稿日:2008年 4月21日(月)22時19分31秒
返信・引用
  長期タイビザ保持者はそのビザを破棄しないためにタイ国外に出る際にはリエントリーパーミットを取る必要があります。スタンプ式のリエントリーパーミットは現在シーロムのイミグレーションで即日発給、値段は1000バーツ。

カンボジア・プノンペンの空港ではUS$25でカンボジアのツーリストビザが取得可能です。「顔写真が必須」だといわれますが「ない」と答えるとUS$1だけ要求されました。最近各国で流行りの入管のPCのウェブカメラによる撮影などもなくカンボジア入国には実はあんまり写真は重要ではないのかもしれません。
 
 

日本でのタイ・ビザ取得、およびタイからの最安値の航空会社

 投稿者:Wataruメール  投稿日:2008年 1月20日(日)23時11分20秒
返信・引用
  ①日本の目黒にある在京タイ大使館では現在タイビザの取得できる状況がかなり厳しくなっています。
日本語教師としてノンイミグラントBビザを申請する際には以前は申請の条件に含まれなかった「日本語教員課程を修了し、教員としての資格を受けたことができる証明書」および「無犯罪証明記録」あるいは「犯罪経歴証明書」という書類が必要とされるようになりました。犯罪経歴証明については住んでいる地域を管轄する警察署から発行されるということで警察署にいってきましたが、自分の地域の県警ではそのことがしっかりと認識されておらず“海外に定住するための永住者・退職者・養子縁組のためのビザ申請以外には上記の証明は発行できない”とのこと。その代わり発行までに1ヶ月ほどを要する特別発給というものを日本の外務省経由で行うことはできると説明されました。
なお日本語教師以外の一般職務でBビザ申請をする際には上記の証明は必要ありません。
Bビザ以外にも観光ビザの取得に旅程の全工程が記された英文の書類が必要だということで卒業旅行と思われる学生くらいの年代の子達が何人もその書類を用意しておらず申請の窓口で足止めを食らっていました。その様子から察するにこの条件も最近新たに加えられたもののようです。
※大使館のビザ発給条件は予告なく変更になることが多いですが、タイ国内での総選挙での政変も影響し今後ビザやWPなどの手続きをスムーズに済ませるには事前の下調べがいっそう大切になりそうですね。

②またバングラディシュ航空の日本路線がなくなってしまった今、プロモーション価格以外での最安有力候補はやはりエアーインディアとなってきますがタイ航空との共同運航ということで航空機体、客室乗務員のサービスはタイ航空レベル、値段はエアーインディア基準、といいことずくめ。また帰路変更のための連絡を入れたり、ビザ取得のためにその変更証明書類を大使館に送ってもらったりといった手続きをお願いした最も担当の方が親切に対応してくださりとてもいい印象を受けました。
見た目のチケットの値段の差以外にも日本やその他の国の航空会社では燃料費の高騰がチケット総額に直接響きますがサーチャージがあまり嵩まないのも魅力のひとつ。正月の最繁雑期でさえ18000B(≒65000円ほど)という破格でチケットが取れたのは奇跡的。。。これからも日本に直接帰るときはエアーインディアかなー。でも次回は中国やどこかにストップオーバーして軽く飲茶、というのも面白そう、と感じた今回の帰国でした。
 

カンボジア入出国

 投稿者:Wataru  投稿日:2008年 1月 1日(火)20時39分36秒
返信・引用
  タイ・バンコクからカンボジア・シェムリアップまでツーリストバスB450。
シェムリアップから戻りのバスはB400。
旅行代理店を通してのカンボジアビザ国境での取得B1200。

タイ側の通関の建物が新しくなっており、
以前とはパスポートチェックの受付位置が少し変りました。

行きも帰りも朝7時集合夜8時から9時到着。
シェムリアップでは夕暮れ後、辺鄙な宿(10㌦ほどでちょっと割高)に連れて行かれますが近くのバイタクに希望の宿を伝えて移動しましょう。

シェムリアップのバイタク、バランの携帯:011-895-711
(幹線道路の交差点には私設の公衆電話屋が小さな机を並べています。電話するときはそこで携帯を借りてかけるといいでしょう。通話料3分500リエルほど。)
E-mail:barang_driver@yahoo.com(英語・及びひらがな可)
 

ラオスでのタイビザ取得

 投稿者:Wataruメール  投稿日:2007年11月18日(日)21時08分27秒
返信・引用
  現在ラオス、ビエンチャンでのタイビザは1000バーツで発給されています。
9:00-12:00受付、翌日13:00-15:00の間に発行。

なお顔写真のほかパスポートのコピーが一枚必要となります。
大使館ではコピーできないため、市外方向へ5分ほど歩くとコピー屋が見つかります。
大使館前にいる代筆業者が100バーツでトゥクトゥクで連れてってやると声をかけてきますが、ぜんぜん歩ける距離なので必要ないでしょう。
(自分は支払ってしまいあまりの距離の近さにがっくりしました、、、)

またタイからの国境越えの際はタイ側ラオス側で20バーツほど手数料を取られますので国境を越える予定がある場合は多少の小銭を残しておくことをお勧めします。
(ラオスから戻る際には窓口の前にラオ銀行の小さな派出店があるのでそこで残ったキップを両替できます。5000キップの通関手数料を手元に残すことを忘れずに!)
 

タイビザ情報:

 投稿者:Wataru  投稿日:2007年 9月28日(金)15時05分15秒
返信・引用
  現在タイでは国内での各種ビザの延長期間が制限されています。
バンコクのイミグレでは全種類のビザの延長は7日間までとなっていました。
しかも値段は以前と変らず1900B。

なおマレーシア・ペナン島のタイ大使館では
110RM(マレーリンギット)≒1100Bで2ヶ月間のツーリスト・ビザの取得が可能です。
受付通貨はマレーリンギットのみ。

所要2日。
申請受領は正午12時まで。
受け渡し翌日午後2時から4時。
土日は閉館。

ビザ自体はエンブレム部分がホログラフィックになって少し高級感が増しました。。。
 

レンタル掲示板
/1